始める前に知っておこう!自営業のスタート方法とは

自営業のスタートにはいくつかの方法がある

脱サラして自営業を始める人が増えています。会社員としての安定性に不安を感じる人が多いこともその要因となります。自営業を始める方法としては、いくつかの手段があるので知っておくと役立ちます。また前準備も必要なので、しっかりと理解しておきたいものです。

手軽にスタートできるフランチャイズへの加盟

自営業を始めたいと漠然と思っている人で、明確なビジネスプランが無い人にはフランチャイズがお勧めです。経営の経験が無い人でもすぐにスタートできるのが利点と言えます。フランチャイズはあらゆる職種で募集しているので、自分が興味を持つ分野で始められるのも魅力でしょう。さらに経営ノウハウや商品などの仕入れに関しては、本部からのフォローがあるので安心です。

副業からスタートすると安心

サラリーマンとして会社勤めをしつつも、副業を行う人も多いものです。趣味からスタートするなど人によってその理由は様々ですが、やがて本業よりも稼げるようになるケースがあります。その場合にはそのまま独立して、自営業として継続することが可能です。すでにビジネスプランは出来上がっているので、安定した収入を見込むことができます。ただし世の中の流行り廃りは早いので、時流というものをよく見定めて経営することが必要になります。

技術を生かして独立する方法

エンジニアなどがそれまでの経験を生かして独立する方法もあります。この場合、顧客開拓や仕事の確保を全て自分で行うことになります。そのために、会社員として勤めている間に副業として始めながら、顧客を確保していくのが理想と言えます。会社を辞めると新規での顧客獲得は難しいからです。

フランチャイズは本部にロイヤリティを支払うことで、本部から経営ノウハウや人材派遣など多くの支援が受けられます。