社員を守る!優秀な社員を維持するための方法とは?

第二新卒が増える現状の阻止が必要

日本では企業精神を培うことによって社員を終身雇用することにより企業として成長してきたケースが多くなっています。その帰属意識を高める必要もそれほど必要はなく、社会理念として就職したら同じ職場で働き続けるのが常識として捉えられてきました。しかし、欧米の転職を良しと考える文化が浸透してきたことにより些細なことでも退職してしまう人が増えてきています。第二新卒が増えているのは就職したけれど仕事に興味が持てなかったり、ストレスが溜まって仕事に向かえなくなったりしてしまっているケースがほとんどです。このような状況を阻止する努力を企業は行わなければならなくなりました。国としてもそれが大きな問題だと考え、ストレスチェックを義務付けるようになっています。

ストレスチェックの積極的な運用が鍵

現状としてストレスチェックの義務はそれほど強いものではありません。定期的にストレスチェックを社員に対して実施し、その結果が望ましくない場合には医師にカウンセリングを受ける機会を与えるという程度の対応で問題はないのです。しかし、これを契機にして優秀な社員を退職させずに維持するために企業努力をするように切り替えるのも重要でしょう。ストレスチェックと並行してエンゲージメントサーベイも実施し、仕事に対するやる気を起こさせるように企業の方向性を定め、社員研修を実施して個々の社員の目標を企業の目標に一致させるように働きかけることが大切です。この二つを合わせて行っていくことが根本解決につながります。

社員教育の目的は会社の運営方針に沿った業務体制を理解させる点にあります。そのため、教育を施す際は要点を分かりやすく提示し、受講する社員が自分で考えて理解出来るように工夫することが大切です。