EC物流とは何?そのタイプと会社のセレクト方法

EC物流についての基礎知識

ECとは、ネットを介して使用される通信及びその電子データー数値を用いた取引を指します。宅配物のコンビニエンスストアでの受け取りや電子ロッカー、さらにインターネットショップの運営を介しての取引等も入ります。加えてその中においてもタイプがあり、会社間取引が行なわれるeマーケットプレイス、さらに通信販売のためのサイトなどのオンラインショップ、それにオークションサイトなどがあります。

出荷のための必要な作業にあたり考えるべき事

原則として、EC物流を踏まえての取引に関しての出荷のための必要な作業はとても骨の折れるものですが、これが全工程において一番重要な位置を占有しているといっても言い過ぎとは言えません。クライアントの手元に商品を送り届けるケースでは検品を行って、十分かどうかをチェックすることが不可欠です。この段階でよく使われる方法は複数あります。ひとつの例として商品に付けているバーコードを介してのハンディターミナルがあります。個々の方法にプラス面とマイナス面があるので、そうしたものをトータルで考え使用する方法を決定することが必要です。

委託する会社のセレクト方法

近頃では各々の会社がEC物流に役に立つサービスを供していて、物流に関する業務の一部あるいは全体を引き受けてもらえます。会社を選択するケースでは、扱っている商品、クライアント等にフレキシブルに処置できるかどうかに基づいて、望みのものを見い出しましょう。クライアントに何度も実施してもらうためには、クオリティやサービスのスピード感、加えて返品に対しての対応をどのような方法で行っていくかが問われることになります。委託先によりまして全く違う特徴をきちんと対比することが会社選定の根幹となります。

EC物流とは、電子商取引によって購入された物品を宅配便などで配送センターから購入者の自宅まで届ける事を言います。