自分の生活にあわせたオリジナルの電気製品に改良する

おもわず改良を加えたくなる

電気製品は各メーカーで様々なものが考えられて販売されています。ですがより自分の生活スタイルや環境にあったものとなると、これは自作するしかありません。電気の勉強をしてきた人は回路の構成やしくみがわかっていますから、出来合いの一般的な製品では満足が行かなくなってきてしまいます。

多くの場合、改良を加えるにしても製品のフレームなどのハードな部分は決まってますので、後付けで行なえる部分としてモーターやLEDなどの照明、センサー関係などが簡単で部材も揃えやすい為おこなわれてきています。自分で製品に手を加えると愛着も出てきてしまい長く使いたくもなりますが、改良した時点で製品の保証はなくなりますので注意が必要です。

製品が高価すぎて自作する

部品を個々に購入して組み立てると製品として売られている価格より安くできる場合があります。パソコンなどがその代表商品で、かつてはメモリーが十分に使える製品が市販されていない、買っても高価すぎるなどの理由で自分で制作するエンジニアが多くおり、一時期はキットで販売され市場に盛り上がりを見せていいた時期もありました。パソコン自体が各パーツにそれぞれ性能が備わっている集合体のようなものなのですから、パーツの役割がわかっていればできてしまうのです。これはパソコンに限らず電気製品すべてに言えることです。製作者の考えるスペックに自由に近づけられ、ファンやメモリーなどに不具合があればすぐ交換できることが自作のメリットです。

最近の電子部品は表面実装タイプが多くなっているため、手作業では困難であらかじめプログラミングしたデータに基づいて自動にてプリント基板実装が行われています