青色申告っていったい何?青色申告をすると何かいいことがあるの?

個人事業主は確定申告が必要!

個人事業主になると、自身で所得税を計算して税務署に申告する必要があります。
会社員は源泉徴収されており確定申告をする必要はほぼありませんが、個人事業主は1月1日から12月31日まで会計処理をして結果を確定して、翌年の2月16日から3月15日の期間に申告します。1年間の経費と売り上げを帳簿に記帳して、集計した結果を確定申告書類に記入します。

青色申告と白色申告は何が違う?

この確定申告の方法には、青色申告と白色申告があります。青色申告は原則的に複式簿記で日々の取引を帳簿に記帳して、所得を税務署へと申告します。
対して白色申告は単式簿記で記帳し、青色申告をしない人が取るべき申告方法です。
帳簿をつけるのに手間がかからないのは単式簿記のお白色申告ですが、青色申告には大きなメリットがあります。

青色申告のメリット!

青色申告をすると、青色申告控除が受けられます。複式簿記で記帳すると65万円、簡易簿記で記帳していた場合なら10万円です。
さらに、赤字を翌年から3年間にわたって繰り越せます。本年度は黒字であっても昨年が赤字の場合は税金を安くできます。
青色申告をするのに必要なのは、開業した後2か月以内か、確定申告をする年の3月15日までに所得税の青色申告承認申請書を税務署に提出するだけです。
複式簿記での記帳と申請書の提出だけで65万円の控除が受けられ、将来の税金を減らせるのはかなりお得な制度といえます。

複式簿記の記帳は会計ソフトを使う

青色申告をするための複式簿記のことがよくわからない方は、会計ソフトを導入すればいいでしょう。銀行口座やクレジットカードの取引記録は自動取得してくれますし、簡単操作で複式簿記での記帳ができます。

青色申告は事前の申請が必要ですが、特別控除が受けられたり家族への給与が経費として計上できるなど、税制面で有利です。