白色申告って何だろう?青色申告との違いやメリット、デメリット

白色申告と青色申告の違い

ある一定額以上の収入がある個人事業主は確定申告する必要があります。個人事業の確定申告には「白色申告」と「青色申告」の2種類がありますが、より簡単なのが白色申告。

収入を得ようとするときには、必要な物品を購入するなどお金を使うこともありますよね。これらのお金は収入から差し引いて申告することができます。

この経費をおおまかに計算して申告できるのが白色申告。一方、取引を細かく記録する必要がありますが、収入から控除できる金額が多くなるのが青色申告です。

白色申告のメリット、デメリット

白色申告は帳簿づけの義務はあるというものの、家計簿のような簡便な方法でいいのがメリットの一つ。また開業届などの事前申請も必要ありません。申告手続きもとてもシンプル。経費をおおまかに計算するだけで申告できるのが白色申告のメリットです。

ただし、当然デメリットもあります。白色申告をすると青色申告の特典を受けることができません。例えば、青色申告に適用される10万円もしくは65万円の特別控除。もちろん、白色申告だと適用されません。また、年間の営業成績が赤字だった場合、青色申告であれば3年間の繰り越し控除を受けることができますが、白色申告は基本的に損失の繰り越しはなし。ほかにも、家族が事業を手伝ってくれたとき、給与を支払っても一定額までしか控除できないのも白色申告のデメリットです。

収入が増えてきたら青色申告がおすすめ

青色申告ほどの細かな帳簿をつけるのが面倒な方や、まだそれほど収入が多くない方は白色申告でもいいかもしれません。ですが、収入が多くなってきたら節税ができる青色申告がおすすめです。その際は、申告期限に間に合わないと自動的に白色申告になってしまうので、注意してくださいね。

白色申告をするときに、医療費控除を受けられない方でも、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)を受けられる可能性があります。