社員が利用しやすい研修の姿!?eラーニングを導入する企業が増えている

社員教育は企業にとっては必須

コンプライアンスや各種ハラスメント等といった研修を実施する企業が増えています。世の中の流れとして社員としても自覚し振舞い方を注意してもらうために企業としては重要な研修として認識しています。ひとりの社員がおこなった行為で企業イメージをダウンさせ、敷いては信頼を失い業績低下に至るケースもあるためです。そのため新入社員のみならず、昔からいる社員に対しても継続的に指導や教育をおこなっていることが企業の使命とも言えます。

インターネットが普及した環境にあった研修の形

しかし社員を集めて一斉に研修をおこなうことは業務に影響がでることになります。ましてや業務が終了した後におこなうにしても残業代の支払いが発生して企業にデメリットになります。そのためインターネットが普及されて社員ひとりにパソコンが1台支給されている環境になった現在では、そのパソコンを利用したeラーニングを導入している企業も多くなっています。

好きな時間にできるeラーニング

このeラーニングのメリットはパソコンを利用して授業を進めることができる点にあります。集合研修の場合には決められた日時にその場所に行って研修を受講することになりますが、eラーニングは空いた時間にパソコンからアクセスして研修内容を見聴きすることができます。eラーニングの多くは短時間ごとにチャプターで分かれているために隙間時間に受講することも可能です。自分のペースで学習ができるため業務に影響は出ずに集合研修同様の成果を出せるアイテムとして多くの企業が活用しています。

派遣のeラーニングは業種別で学習出来るシステムとなっており、製造や介護だけでなく、外国人教育にも対応しています。