普通自動車の免許ではできない?タクシーの運転手の仕事

タクシーの運転手になるには第二種運転免許が必要

タクシーの運転手になってみたい人や、タクシーの運転手の仕事内容に興味がある人がいると思います。そしてタクシーの運転手というのは、普通自動車免許があれば、すぐになれそうな気がしますね。しかし、普通自動車免許だけではタクシーの運転手にはなれません。二種免許がないとなれないのです。第二種運転免許というものですが、これは簡単にいうとお客さんを乗せて車の運転をして、商売をするための資格と考えていいでしょう。

タクシー会社への入社と二種免許の取得

二種免許を取得するためには、21歳以上で第一種免許を取得してから3年以上が経過していないといけないという、少し面倒な決まりがあります。このような少し面倒な決まりをクリアしないと、タクシー会社に運転手として入社できないのかと考えてしまいますが、タクシー会社への就職に関してはあまり面倒ではないようです。多くのタクシー会社では、二種免許を取得するための支援をしてくれるのです。

地理試験に合格しないとタクシーの運転手になれない?

少数ではありますが、二種免許の取得者のみを募集しているタクシー会社があります。運転手の経験者を募集しているのかもしれません。そして、二種免許の取得以外に募集条件を設定しているタクシー会社があります。それは地理試験です。タクシーの運転手の仕事では、街の地理の知識は必ず必要になります。そのためか、地理試験の難易度は二種免許よりも高いと言われています。特に道が細かい都心部では、地理の知識があることはかなり重要でしょう。タクシー会社の求人では募集条件を見ることがなり重要と言えます。

近年物流業界の運転手不足が深刻な問題になっているなか、運転手派遣サービスが注目を浴びています。1日だけの短期から長期契約まで、運転技術や接客の行き届いたプロに仕事を任せられることが大きなメリットです。